増えつつある正社員で働く女性エンジニア

it業界は体力勝負の仕事である面があり、3Kの代表である時代もありました。
その影響を受けて、高い興味を持つ男性のみが働く業界である頃もあったものの、状況は一転して世界で最も注目される業界の一つとなっているのが現状です。
その広がりを見せ始めた頃、9割以上が男性が占めていた正社員のエンジニアの状況ですが、徐々に状況は変わってきました。

大学の情報学科にも女性の姿が散見されるようになってきており、実際に就職して活躍しているエンジニアにも女性が見られるようになってきました。
この理由となっているのが人気の高さであり、仕事に対して大きなやる気を持つ女性が増えてきたことに加えて、社会を支える業界となっていることから仕事のやりがいを求めて業界入りを希望する女性が多くなっているのです。

また、企業側の姿勢に変化が生じてきたことも女性比率を高める要因となっています。
情報システムは男性ばかりが使用するものではなく、女性が使用したり、女性をターゲットにしたりするものが多数あり、その開発において専門家の立場から貴重な意見を提供できる女性が現場で求められるようになっているのです。
そういった女性の視点を取り入れる現場の改革が起こってきたことによって正社員として働く女性が活躍しやすくなっています。
it業界は男性のものである時代は終わり、女性との協力をしてより良いシステムを生み出していく時代が到来しているのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です